営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

毎週月曜日
(月曜が祝日の際は営業、
翌火曜を休業と致します)

 
電話番号

048-714-0100

 
 
住所

〒336-0931

さいたま市緑区原山3-16-5

リクルート

スタッフブログ

   
2013/12/05  おすすめ情報 
ガソリンキャップが開かない!
 

今日の夕方のコト・・・FIAT500を前に立ち尽くす女性を発見!

話を聞くと、FIAT500のガソリンキャップの開け方が分からず、困っていたそうです。

叩いても開きませんて。

 

そんなワケで、困っている人を見捨てられない男、ワタクシ青山が参上!

大丈夫ですよ、おじょ・・・お姉さん(笑)。この青山がご説明致しますぜ!

 

 

丁度いい機会ですな。

 

ブログをご覧の皆様にも、よくお問合せ頂く案件である

「FIAT500ガスキャップの開け方」を今一度ご説明させて頂きます。

まずはエンジンを切り、キーを外します。

ボディ側のフタは、常に開くようになっていますので、手前にグッと引いてください。

 

FIAT500の内側のキャップは、

ロックされている状態だと、回しても空回りをして開かない様になっています。

そしてお次はキーを差し込み、まずはキーだけを左に回します。

 

キーが左に回りきったら、今度はキャップだけを左に回します。

 

私はよく写真の様に、左手でキャップを持って右手でキーを回し、

キーが回りきったら、持ち替えて右手でキャップを回しています。

あとはキャップを引いて頂けば外れますので、ボディ側のキャップ裏側に、

写真の様に引っ掛けて頂ければOKです。

 

給油の際は、センサーが止まったところで給油を終わりにして頂ければOKです。

 

 

そして、閉めるときは今の工程の逆です。

 

キャップを差し込み、キャップだけを右に回して、キーだけを右に回して終了です。

最後にこの様に、空回りするコトを確認して頂くとベターです。

 

と、まぁこういった流れでガスキャップは開け閉めをして頂ければと思います。

 

「いちいちキーを抜くの面倒くさいね」というお声もたまに頂きますが、

キーを抜くという事はエンジンを切る事になるので、安全にもつながっていますよね☆

 

ちなみに、AlfaRomeo MiToなどもこのタイプのキャップですので、

同じ様に給油して頂ければ大丈夫です。

冒頭で困りながら500を叩いていた女性も、問題が解決して満面の笑み。

イヤイヤ良かった。いえいえ、お礼なんて結構ですよ。

 青山はクールに去るぜ・・・。

 

 

今後も、困った人を助けつつ、よくあるご質問に答えつつ、という

この茶番パターンがまたあるかも知れませんが、まぁ皆様お付き合いください(笑)

(・キャスト:田中 青山 ・撮影:大井)  

 

以上、本日も営業青山の更新でした。

 

何かご不明な事などございましたら、どうぞお気軽にお問合せくださいませ。

 

 

←To Be Continued...

 
2013年12月(23件)
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ページ上部に戻る