営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

毎週月曜日
(月曜が祝日の際は営業、
翌火曜を休業と致します)

 
電話番号

048-714-0100

 
 
住所

〒336-0931

さいたま市緑区原山3-16-5

リクルート

スタッフブログ

   
2014/01/18  ショールームダイアリー 
こんなトコロにもB型が・・・
 

先日映画を観てきました。

 

「永遠の0」

 

小説で読んでいたので、ぜひ映画も観たい!!と思い出かけてきました。

ご存知の方も多いかと思いますが、百田尚樹が2006年に発表し、2009年に文庫化された作品です。

ワタシはちょうど去年の今ごろ読んでいたのですが、すごく好きな作品のひとつです。

 

内容は

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」

そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。

終戦から60年目の夏、死んだ祖父の生涯を調べていた孫の健太郎は

天才だが臆病者と言われた人物像に戸惑いつつも、ひとつの謎が浮かんでくる。

記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

 

映画を観終えて・・・ギューーーンと胸が痛くなりました。

小説を読んで内容は知っていたのに、涙が抑えきれなかったです。

他の席からもグシュグシュとすすり泣く音が・・・

綺麗ごと過ぎるなんて酷評もありますが、ワタシは切ないけど素敵な映画だったと思います。

 

皆様もよかったらご覧になってくださいね。

最近は涙活(るいかつ)なんてのも流行っているようですから、たまには涙を流してみるのもいいですよね。

ワタシは映画やテレビ・小説ですぐに泣いてしまい涙活のし過ぎで目が腫れることもしばしば(笑)

くれぐれも涙活のし過ぎにはご注意くださいませ。

 

で、本日のお題である 『こんなトコロまでB型が・・・』 の話になりますが。

 

「永遠の0」の作者、百田尚樹といえば、「海賊とよばれた男」が2013年本屋大賞を受賞しており、そちらのほうが有名なのかな・・・なんて。

「永遠の0」を読んでから百田尚樹にハマリ、「影法師」「モンスター」と読んでいるワタシですが、代表作と言っても過言ではない「海賊とよばれた男」を読んでいません。

 

たぶん・・・読まないと思うのです・・・

きっとこういうことなんでしょうね↓↓↓(笑)

まぁ、B型のせいってわけでもナイかもしれませんが・・・ね。

 

上記写真の本がコチラ

2007年に発売されて本になりますが、これが結構ぷぷっ( ´艸`) と笑ってしまうんです。

ご自身がB型の型の方はもちろん、パートナーがB型の方も

「そうそうっ!」「あるあるっ!」

ってきっとなりますよ。

 

読んでみたい方、レンタル可能です(笑)

あっ!!本が苦手な方、DVDもあります!!

DVD版を青山が入手しました(笑)

 

どんだけB型話ひっぱるんじゃいっ!なんて思わないでくださいね。

きっと、

そこがB型なのね~♪♪

 

本日は、こう見えて読書好きの田中が担当させていただきました~

おススメ本、ありましたら教えてくださいね。

 

 

 

 
2014年01月(25件)
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ページ上部に戻る