営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

毎週月曜日
(月曜が祝日の際は営業、
翌火曜を休業と致します)

 
電話番号

048-714-0100

 
 
住所

〒336-0931

さいたま市緑区原山3-16-5

リクルート

スタッフブログ

   
2014/01/29  ショールームダイアリー 
予習 その②
 

本日は前回に引き続き自分勝手企画第二弾

『予習 その②』 にお付き合いください。

 

京都にて食事の予定になにやら不思議な名前のお料理が・・・

その名も 手をけ料理

手をけに入っているから・・・手をけ料理ねぇ。

でも、なんで手をけに入っているの? 

ナゾ なぞ NAZO

 

お食事予定のお店を検索したら、↓↓↓こう書いてありました。

 

ある日、縄手三条を下がったところにある「たる源」の 店先にさしかかった当主は、冷奴入れの桶に眼をとめ、
「あれを料理の器に使えないか…」と、ひらめいたのです。

 

(@ ̄□ ̄@;)!!

 

読んでなんと思ったかはナイショです(笑)

そして観光スポットは、臨済宗妙心寺派大運山龍安寺

こちらも世界遺産です。

龍安寺といえば石庭が有名ですよね。

白砂を敷き詰め、油土塀に囲まれた庭に大小15個の石が5・2・3・2・3と分けて配されています。

室町時代末期に特芳禅傑などの優れた禅僧によって作庭されたと伝われております。

 

この石庭の意味は謎に包まれており、見る人の自由な解釈に委ねられているそうですが、皆様はどのように感じますか?

 

宇宙?

海?

人の心?

 

そんなことを考えながら、こちらの庭と対峙するのもいいのかもしれませんね。

ワタシが去年訪れた時は紅葉シーズンにも関わらずちょうどポカポカ陽気。

のんびりお庭を眺めながらぽけぇ~~っとしちゃいました。

 

なんでも15個の石は庭をどちらから眺めても、必ず1個は他の石に隠れて見えないようになっているらしいのです。

要確認ですね!!

 

と、思っていたら「見えますよ!」なんて意見も・・・

けどまぁ、そんなに難しく考えずに観賞したいかなぁ。

 

そしてこの石庭の並びにはこんな↓↓↓説もあるらしいです。

 

虎は、3匹の子供がいると、そのうち1匹は必ずどう猛で、子虎だけで放っておくと、そのどう猛な子虎が他の子虎を食べてしまうそうです。

母虎が3匹の虎を連れて大河を渡る時は次のようにする。母虎はまず、どう猛な子虎を先に向こう岸に渡してから、いったん引き返す。

次に、残った2匹のうち1匹を連れて向こう岸に行くと、今度は、どう猛な子虎だけを連れて、ふたたび元の岸に戻る。

その次に、3匹目の子虎を連れて向こう岸へ渡る。この時点で元の岸にはどう猛な子虎1匹だけが残っているので、母虎は最後にこれを連れて向こう岸へ渡る。

つまり、3匹の子虎を渡すのに3往復半するそうです。

 

ワタシ的には石庭と結びつくかどうかはよくわかりませんが、この話自体が大変興味深いです。

こちらの龍安寺で有名なのが、こちらのつくばい

つくばいとは茶室に入る前に口や手を清めるために手水を張っておく石のことらしいです。

 

一見「五・隹・疋・矢」と見えますが、真ん中の水をためておく部分のを「へん」や「つくり」に見立てると「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る)と、禅の格言になるそうです。

意味は、石庭の15個の石を同時に見ることができないことより、「不満に思わず満足する心を持ちなさい」ということらしいです。

 

前回訪れた時は意味を知らなかったので、今回はしっかり見てこよう!!

 

ちなみに展示されているのは複製らしいです。

夜の宴席には舞妓さんがやってくるようで・・・

楽しみ☆*:.。.o(≧▽≦)o.。.:*☆

可愛いんだろうなぁ~

ちっちゃいんだろうなぁ。

 

写真撮りたいなぁ~。

 

でも本当は宴席で会うより、京都の小道で偶然会いたいなぁ。

けど、話しかけていいのか悩みそうですね。

 

宴席のあと、男性陣は夜の祇園へ消えていくのでしょう・・・

(笑)

 

 

 

さて、本日の予習はここまで~

 

この予習、いつまでやるの?なんて思ってませんか?

退屈?

そんなこと言わずにお付き合いくださいな。

 

と、いうことは・・・えぇ、まだ続きます!!

 

 
2014年01月(25件)
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ページ上部に戻る