営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

毎週月曜日
(月曜が祝日の際は営業、
翌火曜を休業と致します)

 
電話番号

048-714-0100

 
 
住所

〒336-0931

さいたま市緑区原山3-16-5

リクルート

スタッフブログ

   
2014/06/04  ショールームダイアリー 
山形・福島ドライブ 前編
 

みなさまこんばんわ。営業の青山です。

ブログに登場久しぶりですね。

 

といいますのは、昨日の記事で田中が、

「まだまだゆきちゃ~ん!!と抱きついてきてね。」

と書いてましたが、数日前にもそんな様な話しをしておりまして、僕も抱きついた所、

アバラを3本ほど折られて

痛くてブログ書くどころではなかったからなのです。

 

そんなワケで、今日からまたカムバックしました。マンガみたいな治りの早さ(笑)

 

 

さてさて、久々にブログをアップするものの、当然記事の内容は変わらず、

至極個人的なモノになりますが、皆様もうその辺は慣れて頂いているかと(笑)

先日の5/26、27の2日間でまた旅に出ておりまして(よう出歩くやっちゃ 笑)、

それをお話しさせて頂こうかと思います。

 

今回の行き先は山形です。あちこち行っていて、特に秋田が田舎の僕が、

意外と行ったコトがなかったので、山形に行こうと思いました。

また、この作品の影響がありまして・・・

藤子・F・不二雄先生の短編「山寺グラフィティ」です。

この人、一般的にはドラえもんのイメージで、

低年齢向けの作品のイメージが強いかも知れませんが、

大人向けの作品も数多く描いていらっしゃるのです。

 

今回書くと長くなりますので割愛しますが、

僕まぁ~~~藤子・F・不二雄先生大好きでして。

「ドラえもんは人生の教科書だ」と常日頃、豪語しております(笑)

 

それで今回の「山寺グラフィティ」。こちらタイトルそのままに、

山形県の山寺こと立石寺が舞台になっている、少し不思議な(=SF)お話しです。

この作品も僕大好きなので、一度山寺には行ってみたかったワケです。

というワケで、初日はまずは立石寺を目指します。

 

行き方としてはスタンダードに、東北道→山形道のルートです。

早めに山形に着いていたかったので、あまり寄り道はせず高速をひた走ります。

結局休憩したのは2回だけですね。

まず一回目は安達太良SA。

あ、このカフェオレキャラメルみんなにお土産で買っていったら意外と好評でした。

そしてこの安達太良SAの自販機にはウルトラマンがいまして、

ジュース買うとウルトラマンの声が聞けます。

僕は買いませんでしたが、それを知らずに買ったおじさん、ビックリしてました(笑)

 

2度目の休憩は山形道に入って最初のPA。

コレで「ふるせき」と読むのですね。「こせき」じゃあナイんだ。

ココで少し遅めのお昼ご飯にしました。

山形といえばそばが有名だそうですが、なんか美味しそうだったので、コチラの

「ずんだ坦々麺」なるご当地メニューにしました。

緑が多く見た目もキレイで、味も美味しかったです。

アレ?ずんだって仙台じゃナイの?とか少し思いつつ・・・(笑)

 

そして山形道の山形北ICを下りて少し走れば・・・

山寺参道へ到着!!

 

ちなみに山寺は修行の場なので、一番てっぺんまでは結構登るとのコト。

参道のお土産屋さんでどれぐらい時間かかるか聞いたところ、

「ノンビリ上って1時間40分ぐらいかね~」とのコト。

さぁ青山が若者の健脚か試されるトコロですね(笑)

 

 

「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」

 

松尾芭蕉のあまりに有名なこの句、実はコチラの山寺で詠まれたモノだそうです。

というワケで、境内には芭蕉の像などもあります。

「芭蕉殿、東京からやって参りました」

 

ご挨拶を済ませ、いざ山門へ(笑)

ココで拝観料を払い、延々石段を上っていきます。

ちなみに、その石段の数、1000余段・・・

さぁ青山が若者の健脚か試されるトコロですね(2度目 笑)

 

山門をくぐると、こんなカンバンが。

もともと純真無垢な僕が、1000段も上り下りして煩悩が消えたら、

悟りの境地に足を踏み入れてしまうのではないか?

などといらぬ心配をしながらスタートします。

石段はこんなカンジで、自然の中を延々上っていきます。

途中上の写真の様にものスゴく狭いところもあります。

いや~でもホント、ココにいるだけで心が清くなる様です。

 

そしてしばらく上れば・・・

仁王門見えてきたぁ!ココまで来ればもうゴールはスグそこ。

さらに上って、森が開けたところで振り返ると・・・。

マチュピチュや!ココは日本のマチュピチュや!!

などと叫びたくなる様な、絶景!コレだけでも上った甲斐があります。

そこから少し進めば・・・

奥の院!ココが一番てっぺんです。コチラでお参りを済ませました。

海抜380mの高さにあるそうで、僕が訪れたときはたまたま僕一人で、

ホントに静かなところでした。心を静め、修行する場なんだな~と感じましたね。

 

ただ、ふもとから上ってくるとき、忘れ物してたら取りに行くの

めちゃくちゃ大変そうだな~などと、凡人の僕は考えてしまうのです(笑)

展望台から、山寺駅方面を見るとこんなカンジです。

すげえ~一望できる~!!

こういう風景を見ると、上った甲斐あるな~と思います。

 

この日はくもりであまり芳しい天気ではなかったのですが、

下山したら丁度雨が降ってきました。あ~山寺の上で降らなくてヨカッタ。

 

そして肝心の上った感想ですが・・・

道中他の観光客とも多くすれ違いましたが、お年寄りの方なども多かったので、

フツーの体力があれば全然余裕です。

ちなみに青山は、筋肉痛の「き」の字もございませんでした。

まだまだ若者の健脚ですから(3度目 笑)

というワケで、山寺はいい運動になりますし、絶景は拝めますし、

大自然の中心が洗われるので、とてもオススメスポットでした。

 

この後は、スグ宿に向かう予定でしたが、少し早めに夕ご飯をば。

まぁたらーめんかよ!!

と言われそうですが(笑)、僕らーめん大好きなので一向に構いません。

 

コチラ、カップ麺にもなっているのでご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、

山形県内のチェーン龍上海さんの辛味噌らーめんです。

僕もカップ麺で食べて知っていたので、一度本場で食べてみたかったのです。

 

いや~美味しかった☆この辛味噌が美味しいし、青海苔がまたなんとも・・・

コチラも山形に行ったら、ぜひおすすめの食事ですね。

 

というワケで、またまた長くなりましたが、山形旅行編、とりあえず一回終わりです。

ええ、もう皆様タイトル見てお察しの通り、続きますので(笑)

 

それでは、また後編でお会いしましょう。

本日は営業青山でした~。

 
2014年06月(26件)
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ページ上部に戻る