営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

毎週月曜日
(月曜が祝日の際は営業、
翌火曜を休業と致します)

 
電話番号

048-714-0100

 
 
住所

〒336-0931

さいたま市緑区原山3-16-5

リクルート

スタッフブログ

   
2014/12/20  ショールームダイアリー 
目撃情報求む
 

こんばんわ、むさし野店サービスフロントの大井です。

過去数回、ブログに登場しましたが、今年に入ってから登場するのは初です。

なかなか登場しない私が、こうして今日ブログを書いているのは、

先日いらっしゃった、ある奇妙なお客様のお話しをしたかったからなのです・・・

 

 

それは数日前の平日の午後・・・セールスが不在にしており、

ブログでおなじみの田中もちょいと用事があり外出していた時でした。

サービスのカウンターに座っていたところ、そのお客様はいらっしゃったのです。

 

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

サンタとトナカイ来たー!

 

サンタ「すんまへーん!!ちょっとクルマ見さしてもろていいですか?」

 

大井「ど、どうぞ。生憎セールスが不在でして、よろしければ私がご案内します。」

 

サンタ「あ、ホンマでっか?ありがとう。

あのね、サンタらしいクルマをちょっと探しとるんですわ。」

 

大井「サンタらしいですか?失礼ですが、サンタさんてソリにお乗りなのでは?」

 

サンタ「ほれトナカイ君。やっぱり言われるやん。

いえね、新卒のこの子トナカイやのにごっつ寒がりなんですわ。

 

トナカイ「そんなコト言ったって~。寒いモンは寒いですもん。

それにあんなソリなんて前時代的なモノ引かせて、パワハラなんじゃないですか?」

 

サンタ「お兄さん聞いた?最近の若いヤツ、スグにコレですわ、パワハラて。

文句ばっか言いよってからに。お前ホンマそれでも大人かい!?言うてな。

あ、下線の部分トナカイとかけたシャレですよ?分かった?

大井「(サンタさんて思いの外面倒なんだ・・・)

あ、じゃあ私のオススメをご用意しますので、少々お待ちくださいませ。」

 

サンタ・トナカイ「お願いしまーす!

 

 

そしてご準備ができ・・・。

 

大井「お待たせ致しました、コチラなんて如何でしょうか?

大井「FIAT500のオープンバージョン、500Cです!

赤いボディカラーが、サンタさんらしさを引き立ててくれる1台だと思いますよ!

サンタ「おおー可愛らしいデザインが可愛らしいワシにピッタリやん!!」

 

トナカイ「子供たちにウケるコト間違いありませんね!!

あ、コレひょっとして乗るコトは出来るんですか?

あおやまさサンタさん、ぜひ乗ってみましょうよ!!」

 

大井「ご試乗車なのでもちろんお乗り頂けますよ。

 

サンタ「ホンマですか?ほんならぜひ乗らせてもらおかな。

あ、ワシ日本の自動車運転免許も持ってますさかいに、安心してな、ハイ。」

 

大井(住所尼崎になってるケド・・・実家?)

 

トナカイ「早く乗りましょうよー!運転は僕が先でいいですよね!

 

サンタ「当たり前やないかい!サンタは乗る側って昔から相場は決まっとる。

ホラ、君も早う免許を兄さんに見せえや。」

 

大井(トナカイさんは上尾・・・もうよく分からないよこの人(?)達。)

 

こうして私大井は困惑のまま、この奇妙なお客様達に試乗車をご用意したのです。

サンタ「トナカイ君!もっと元気ようやってや!!全然進まへんで!!

トナカイ「はい、すみません!!今やります、から・・・いつもより重いなぁ

 

何してんのこの人達!?

大井「あのーサンタさん、コレはソリみたいに引かなくていいんですよ。」

 

サンタ「え?」

 

トナカイ「あ、引かなくていいんですか?」

 

大井「まさか、こうしてクルマを引いてお使いになるつもりだったんですか?」

 

サンタ・トナカイ「ええ

 

大井(なんて奇妙なお客様なんだ・・・というか良く牽引フック分かったな。)

 

正しい使い方をお話しし、正直至極不安でしたが、ご試乗に行って頂きました。

サンタ「コレ、メッチャええやん!コンパクトでどこでも行けるし!」

 

トナカイ「スゴく運転もし易いですよ!それに荷物もしっかり積めますしね。

 

大井「ありがとうございます。

それではセールスから後ほどご連絡させて頂ければと思うのですが。」

 

サンタ「ああハイハイ、じゃあコレ僕の名刺ね。ケータイはコレで。

トナカイ君も渡しとき。」

 

トナカイ「すみません。今年入った新入社員です。よろしくお願いします。

 

大井(サンタさん達って名刺持ってるんだ・・・)

 

サンタ「ほな前向きに検討させてもらいますんで、よろしくお願いします。

大井さん今日はホンマありがとう。

 

トナカイ「すみません。どうもありがとうございました。

 

大井「いえいえ、今後ともよろしくお願いします。ありがとうございました。」

 

 

・・・

 

 

アレ?そういえば今日はクルマじゃないし、どういう交通手段で来たんだろ?

サンタ「アレ、メッチャええクルマやったなー。今年の出来高多くもろたら、

プライベートで1台買ったろかなぁ・・・。

 

トナカイ「サンタさん、クルマはアレにしましょうよ~僕もスゴく気に入りましたよ。

サンタ「せやなぁ・・・それより今はプレゼントや。ドンキホーテ行ってみよか?

 

トナカイ「そうですね、その後はバスで浦和に出てパルコとか回りますか。

サンタ「しかし妖怪ウォッチをあないにリクエストされてもなぁ。

なんぼサンタでもナイもんはナイからなぁ・・・

 

トナカイ「まぁ子供たちの為に頑張って探しに行きましょうよ。

浦和なら湘南新宿ラインで都心までスグですよ。

 

 

電車とバスかい!

 

あの格好で乗っていたらさぞ目立つでしょうに・・・。

というワケで、先日あった奇妙なお話しをさせて頂きました。

 

その日の夕方、田中や青山、そして山中にもこの話しをしたところ、

サンタが来たなんて誰一人信じてくれないのです。

もしあの2人組をお見かけになったなどの情報がありましたら、

皆様ぜひ教えてください。

 

以上、本日はサービスの大井が更新させて頂きました。

 
2014年12月(25件)
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ページ上部に戻る