営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

毎週月曜日
(月曜が祝日の際は営業、
翌火曜を休業と致します)

 
電話番号

048-714-0100

 
 
住所

〒336-0931

さいたま市緑区原山3-16-5

リクルート

スタッフブログ

   
2017/05/10  ショールームダイアリー  サービスフロント 三浦 辰義
懸架装置
三浦 辰義 / ミウラ タツヨシ
[サービスフロント]
 

 お久しぶりで御座います。

 

自分の懸架装置不具合により、暫く遠ざかっておりました。

 

車で云うならば、右後辺りのアライメントに狂いが生じておりました。

 

図で例えるならばこの辺り・・・。

 

皆様のお車も時々タイヤの内側を覗いてみてください。

 

偏磨耗が有るならばご相談下さい。

 

タイヤ代や燃費にも優しくは御座いませんですので・・・・・。

 今回はソロで鈑金修理・フレーム修正後の具合を見る為に

 

一泊で雲取山を目指してみました。

 とりあえず、自分の中で三つ取り決めをしてみました。

 

①無理しない 汗かかない ゆっくり歩く

 

②危うきは避ける

 

③無理なら直ぐ撤退する

 

の以上です。

 休憩中にこの場所で

 

‘‘物凄く似ている人が登ってきたな~っ‘‘

 

と思ったら、

 

‘‘ほっ細井君!?(◎-◎;)!!

 

弊社、むさし野メカニックではありませんか!!!

 

なんと、目指す場所は同じでした。

 

あ~驚いた!!

 弊社メカニック細井は直接その後、雲取山方面へ。

 

私は七ッ石山方面へ。

 

山頂で一服。

 その後、防火帯を登り、テント場を目指します。

 奥多摩小屋で料金を支払い設営。

 荷物を押し込んで、小屋で買ったビール飲んでお昼寝。

 

あ~幸せ!

 富士山や・・・・・、

 南アルプスを眺めながら夕食の準備。

 

重い思いをして背負ったウイスキーと炭酸水で

 

ハイボール呑みながら読書。

 

直ぐに撃沈。

 翌朝、荷物をデポして雲取山へ向かいました。

 

おおっ、もう直ぐぢゃ!

 到着致しました。

 

流石にゴールデンウィーク。

 

沢山の方々がいらっしゃいました。

 とりあえづ、気恥ずかしいながら自撮り。

 因みにおやつをくれた、スタッフ友光が私を描くとこの様な感じ。

 

法令線が目立ちます。

 そういえば、小雲取山のピークは何処に有るのだろう?

 

ごそごそ笹藪に入って行くと・・・・。

 およそ15~20cmの杭に書かれておりました。

 桜の花弁が登山道に少量舞っておりました。

 

無事帰宅です。

 

体力の衰えを感じる山行でした。

 

取り戻すのに時間が掛かる事を理解しました。

 

暫くのんびりソロで行こうと思います。

 

会社に出社すると、其々に行かれた先でのお土産を戴いちゃいました。(汗)

 

今度はお土産物の有る所を選んで行きたいと思う三浦でした。

 
2018年12月(0件)
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ページ上部に戻る